【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

債務整理の費用《自己破産・個人再生・任意整理・特定調停》

自己破産にかかる費用

自己破産手続きは必ず裁判所が関わってきますので、法律の専門知識が求められます。

 

もし財産に該当する物が殆どなく、連帯保証人を立てていなかったとしても、自力で手続きするのはあまりオススメできません。

 

なぜなら、自力で債務整理した人の共通点として、債務整理を繰り返す人が多いからです。

 

たとえば、

任意整理をしようとしたけど、うまく交渉ができなかった…
個人再生をして減額→再生計画案通りに進まず、結局自己破産をすることに…
自己破産して生活を立て直そうと思ったものの、また自己破産…

 

こうなってしまわないためには、自分に合った債務整理はどの手段なのか?ということをしっかりと把握し、その上で債務整理をするべきです。

 

自己破産を申請する際の提出書類

陳述書
債権者一覧
破産・免責手続き申立書

などで、全て書類を1つも欠く事なく揃えなければなりません。

 

提出した書類に不備がなければ、裁判所は正式受理し、裁判所から出頭通知が届く事になります。

 

不備があると、スタートさえ出来ないのです。

 

そこで破産者審尋を受けて正当と認められたら、その後正式に自己破産決定がなされます。

 

弁護士に依頼すると・・・

自己破産手続きを弁護士に全面依頼した場合は、裁判所に提出する書類一式は殆ど作成代行してくれ、裁判所にも代理で提出を行ってくれます。

 

また、弁護士は代理権を取得して裁判所への出頭も行ってくれるので、破産手続きの開始を早めてくれるメリットもあります。

 

たしかに、自己破産を弁護士に依頼する時は、少なくても弁護士報酬に20~30万円、成功した場合の成功報酬も加えて請求する所もあるので、高額に変わりありませんが、弁護士に依頼することをおすすめします。

 

まとめ

自力でやる場合

メリット

費用が安く済む(だいたい5万円程度)

デメリット

免責許可を得るまでに苦労を伴う(書類作成や提出など)
債権者への対応も全て自分でする必要がある
債務整理に失敗する可能性がある

 

弁護士に依頼する場合

メリット

書類作成や提出を代行してくれる
裁判所への出頭も代行してくれる
債務整理が早く済む

デメリット

費用がかかる(20万~)
※ケースによって違うので、直接聞いてみるのが1番良いです。

 

 

精神・体力的に自信があれば、自力で手続きするほうが費用を大幅にカットできるのでメリットが多いように思えますが、視野を広げてみると、費用がかかっても、何度も債務整理をしたり、債務整理に失敗したり、手続きに時間がかかって精神的につらい思いをするよりは、弁護士に依頼したほうが金銭的な負担で済むので良い気がします。

 

いまは、無料相談を受け付けている事務所もあるので、相談だけして、いくらくらいかかるか?直接聞いみるのも良いと思います。

 

 

とくに、初期費用0円で債務整理を開始してくれる事務所もあります。そして、後払いや分割払いが出来るもあるので、そういうところに依頼することをおすすめします。

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介