【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

債務整理をしたらクレジットカードが持てなくなる?※必読ガイド

債務整理後にクレジットカードを作れるのか?その解答はとても難しいです。
信販系信用情報機関と消費者金融系情報機関の履歴保持期間は5年間です。よって、取引終了後5年すれば、債務整理の履歴はなくなると言われています。
よって、債務整理から5年が経過すれば債務整理した会社やグループ会社以外のクレジットカードは作れるようになることもあります。
他にも銀行系信用情報機関がありますが、こちらは官報情報が10年間記録されているため、いわゆる「自己破産」を行った場合は、10年程待つ必要があります。
逆に、10年が経過すれば債務整理した会社やグループ会社以外でクレジットカードを作れるようになる、と言われています。
但し、その段階ではあなたの信用情報は5年もしくは10年間、全く登録されていないことになり、審査が厳しいクレジットカード会社では非常に通りづらいかもしれません。注意が必要です。
もし、あなたがすぐに確実にクレジットカードを作りたい(クレジットカード番号が欲しい)場合は、デビット型のVISAデビットをお勧めします。
VISAデビットは後払いではなく、口座から即時引き落としとなるカードである。従って口座に残高がないと使えない。公共料金など定期的な支払いはできないデメリットは
あるが、無審査で年収、職業に左右されず申し込めるクレジットカードです。"

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介
借金で苦しんでいる方がどうしようもなくなった時に、法的に借金から解放してくれるための手段として債務整理があります。 債務整理には任意整理、民事再生、自己破産などがありますが、これらの中から弁護士などが適切な整理方法を行います。 しかし、どの整理方法を選んだとしても、苦しんでいる借金から解放されるというメリットだけでなく、デメリットもあります。 代表的な例としてクレジットカードが作れない、ということです。 債務整理を行うと、通称ブラックリストという事故情報に名前が掲載されることになります。 クレジットカードを作ったり、消費者金融でお金を借りたり、ローンを組むとなった場合には、このブラックリストに掲載されているかどうかを見て審査を行うのですが、もしも審査の段階でブラックリストに名前が掲載されていれば審査を通過することが不可能です。 つまり、債務整理を行うことでクレジットカードが作ることができないほか、借金をしたり、ローンを組むことができません。 しかし、ブラックリストに掲載されているのは5年間です。 5年間が経過したあとはブラックリストから名前が消されますので、その期間中はクレジットカードを新規で発行できない、ということになります。