債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

差し押さえの異議申立てをする方法について

人が他の人や企業から借金をした場合、決められた時期に返済する義務を負うことになります。そしてもしその時期に借金を返済しない場合は債権者側は借金返済の催促をすることになり、それでも借金の返済がない場合には法的手段として債務者が所有している財産を差し押さえることによって回収していくことになります。

 

そして差し押さえが正当に有している権利の元に行われれば、債務者側も文句は言えないのですが、債務者側に差し押さえを受ける原因となる債務を負っていない場合は異議を唱えたくなります。そこで債務者側に差し押さえを受ける原因となる債務を負っていない場合に差し押さえを受けてしまった場合には裁判所に異議申立てをして、差し押さえの手続きを取り消してもらうことが可能です。

 

そして差し押さえの異議申し立てにはいろいろな種類のものがありますが、自分の債務をすでに弁済しているのに差し押さえを受けてしまった場合にする請求異議の訴え、第三者の財産を差し押さえられてしまった場合に第三者の人がする異議申し立てとして第三者異議の訴えなどがあります。またこれらの異議申立てをしただけでは差し押さえの手続きは停止しないので、これらの異議申立てをすると同時に執行停止の申立てをすることになります。

弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる

まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。


詳しい弁護士事務所の選び方はこちら


  料相談ランキング
フェア&スクエア法律事務所

《何度でも相談無料》

メール/電話相談可※24時間365日対応

樋口法律事務所

《女性弁護士に相談可能》

リヴラ総合法律事務所

差し押さえの異議申立てをする方法について※債務整理の賢い選び方関連ページ

車の差し押さえについて※債務整理の賢い選び方ガイド
金銭的なお悩みを抱えていて、解決策を考えている方にとっては、債務整理というのはひとつの手段です。しかし、債務整理にも色々な方法があり、また、弁護士事務所もたくさんあります。債務整理をしてよかった!と思えるように、まずは御覧ください。
銀行口座・預金の差し押さえについて※債務整理の賢い選び方ガイド
金銭的なお悩みを抱えていて、解決策を考えている方にとっては、債務整理というのはひとつの手段です。しかし、債務整理にも色々な方法があり、また、弁護士事務所もたくさんあります。債務整理をしてよかった!と思えるように、まずは御覧ください。
給料・給与の差し押さえについて※債務整理の賢い選び方ガイド
金銭的なお悩みを抱えていて、解決策を考えている方にとっては、債務整理というのはひとつの手段です。しかし、債務整理にも色々な方法があり、また、弁護士事務所もたくさんあります。債務整理をしてよかった!と思えるように、まずは御覧ください。