【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

自己破産後の借り入れについて-自己破産の前に知っておこう-

一言で言えば、自己破産後の借り入れについてですが、一般的には各債権者が登録されている、信用情報機関の信用情報に、その事実が掲載されるため、破産後数年間は借り入れが難しいと考えた方が妥当だと思います。大体何年くらいその情報が掲載されるかと言うと、それも情報機関によってまちまちですが、概ね5年から7年くらい掲載されていると言う話をよく聞きます。では全く借り入れができないのかと言うとそういう訳でもなく、中小の消費者金融、一般的に街金と呼ばれているところでは柔軟な審査で借り入れが出来る事もあるようです。ちなみにこれも各債権者によってまちまちだとは思うのすが、情報機関に載った情報が削除された場合であっても、大手の消費者金融などでは顧客情報としてデータが残っていて、それ以降の借り入れが困難なると言う話もよく耳にします。私個人の考えとしてですが、破産してしばらくは生活を切り詰め、少しずつでもお金を貯めて、生活に張りを持った方がよいと思います。将来的に借り入れを行う場合なんかでも、例えば車を買うとしても最近では10万、20万で買える車も多く出回っていますから、高い車もローンで買おうとは思わず、安い車を少しお金を貯めて現金で買う様な心掛けを持った方が良いかと思います。

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介