【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

自己破産の手続きの流れとその期間※初心者でもわかる自己破産

自己破産を行う時には、色々な手続きが必要です。その流れについてみて行きましょう。

 

まずは弁護士や司法書士を通じて、債務整理の相談を行います。基本的に自己破産すべきではない事例は、ここで方向転換したほうが良いとアドバイスを受けると思います。

 

開始通知

自己破産した方がいいであろう事例については、弁護士側が自己破産へ向けた手続きを開始します。

取立がとめられる
返済もストップ

この時点で引き落としなどの措置は出来なくなりますので、お金を払う必要はなくなります。

 

書類作成・提出

提出に必要な書類が全て揃ったら、地方裁判所に提出します。即日で面接が行われる場合と、後日行われる場合があります

 

裁判所での面接

後日の場合は書類を見て判断されることもありますが、基本的に面接は必ず行わなければなりません。面接が後回しになる場合は、2ヶ月程度間隔が空くこともあります

 

破産手続き開始

色々な質問に答え、裁判官が自己破産に該当すると判断した場合、破産手続きが開始されます。この後も少し手続きが行われます

 

財産の整理

残っている物の中に財産として存在する物については、処分しなければならないのです。この手続きが完了するまでに半年くらい掛かることもあります

 

無い場合はこれら全てが短縮されますので、比較的早く最後の段階まで進むことが可能です

 

免責判断

これらの手続きが終わった後、裁判官が免責を判断します。免責が降りれば、自己破産は完了となります

 

自己破産にかかる期間

弁護士に頼むと、最短で3ヶ月程度、長い場合は1年にも及ぶ戦いになります。
債務整理の費用についてはこちら

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介