【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

自己破産は無職(ニート・主婦)でも出来る?【初心者向け解説サイト】

ニートで自己破産を考えているという方も、いるのではないでしょうか?
ニートは自分で生計を立てているのではなく、親などから援助してもらい生活している方が大半です。

 

ですので生活面でお金に困り借金をしたという理由ではなく、ニートの方の場合競馬やパチンコ、ショッピングなどの趣味への浪費などで、借金をするケースが多いようです。

 

自己破産はギャンブルやショッピングなど、浪費で作った借金では、通常自己破産の免責は下りないとされています。

 

では、ニートだと100パーセント自己破産できないのかというと、そういう訳ではありません。
仕事が見つからないというストレスで、ギャンブルなどにのめり込んでしまったなどの理由があれば、自己破産できるケースがあるようです。

 

ニートの方がギャンブルやショッピングなどの浪費が原因で、自己破産したい場合、借金をした事を反省しているという態度を、
いかに示せるかが大きなポイントになってきます。

 

自分で行うのは難しいですが、債務整理が豊富な弁護士に依頼すれば、浪費で作った借金のあるニートの方の場合でも自己破産できるかもしれません。

 

ただし、自己破産は借金が無くなるというメリットだけでなく、数年間はローンが組めなくなるなどのデメリットもあります。

 

ですので、本当に自己破産しなければいけない状況なのかどうかを、見極めるのが重要と言えるでしょう。

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介