【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

2回目の自己破産について~失敗しない自己破産のために~

 

自己破産は1度行うと2度とできないということではありません。

 

失敗は誰にでも付き物ですから、同じことをしなければならないこともあるのです。

 

しかし1回目に比べると難易度は上昇し、自己破産できない期間を経て再度お願いすることになります

 

 

自己破産ができない期間

1回目の自己破産を行うと、7年間の間は自己破産ができません。

 

この期間に何らかの借金が増えたとしても、助けてくれる方法は無いというわけです。

 

7年という期間は、次の借金を作らないようにする期間ですが、再度事業に失敗する等して借金が増え、自己破産をしなければならない時もやってきます。

 

7年後には自己破産が可能となりますが、1回目に比べて判断は厳しくなってきます。
なので、免責がおりずらいとも言われています。

 

2回目の自己破産をすると…

再び自己破産を申請すると、必ず1回目の破産からの経緯を聞かれてしまいます。

 

この経緯次第で、裁判官は免責を出すのかを判断しています。

 

免責さえ出してくれれば、確実に自己破産は可能となりますが、2回目は1回目を反省しているかどうかも判断の対象となるのです

 

そのため同じ理由でも2回目は免責が降りないこともあり、自己破産への壁は高くなっていると言えます。

 

しかし別の理由であったり、裁判官が自己破産に該当する要因があると判断すれば、免責が降りて自己破産が可能となります

 

このようなことは、経験や知識が豊富な弁護士に頼んで、対策を考えてもらうのが1番といえるでしょう。

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介