【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

債務整理をすると住宅ローンはどうなる?~債務整理解説サイト~

債務整理は裁判所などが関与しないような私的な債務整理の手続きとなります。そして弁護士が債権者の代理人として債権者と交渉をして、現存する債務にかかってくる金利を利息制限法所定の金利に引き直し計算をしてみて、債務の有無や金額を確定して、残債務があるときは、債務者の思慮奥などを考慮して新しく弁済計画を策定するといった手続きです。そして、破産の時は、債務者は一定額を超える資産を失いますが、破産は破産手続き開始決定後には、免責許可を得るまでには色々な資格制限が生まれますから、生命保険の外務員や警備員といったお仕事は資格制限が障害となるのです。この点は任意整理はこうした破産によるようなデメリットをしっかり回避できます。そして任意整理は債権者と個別合意が前提になりますから、債権者の合意があるときには柔軟な弁済計画などを立てられると言ったことが可能です。そして債務者が住宅を残したいといったことがあれば、破産ではすべての債権者を平等に扱っていくといったことが強制されますから、住宅ローンも破産債権として扱われるので、親族などのスポンサーが確保できない限りは、住宅を残すといったことは難しいです。そして、住宅を残せるような個人再生を利用するにはいろいろな要件があるのです。

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介
債務整理をした後というのはローンが組めなくなります。 ローンを組むことが出来ないので住宅ローンや車のローンも当然組むことが出来ません。 このまま一生ローンを組むことが出来ないかというとそういうわけではないのですが再びローンが組めるようになるまで長い年月を必要とします。 というのも債務整理をした後というのは信用情報機関に名前が登録されてしまうからです。 巷でよく言われているブラックリストというやつです。 一度ブラックリストに名前が載ってしまうと自分の意志で消すことは出来ないので名前が消えてくれるまで待つ必要があります。 ブラックリストには最大登録期間というものがありこの期間が過ぎれば再びローンを組めるようになったという話も聞きます。 自己破産をした場合は7~10年ほどで期間が過ぎると言われていますが官報には名前が残ってしまいます。 最大登録期間を過ぎた後で住宅ローンや車のローンを組むことは可能だと思われますが審査に必ず通るという保証はありません。 特に官報には名前が残っているので調べれば分かります。 ただ官報に載っている情報は名前と住所だけなので引っ越しをして住所を変更すれば個人の特定は難しくなりますが絶対ではありません。