【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

任意整理をすると官報に載る?-任意整理ガイド-

債務整理を行なう事によって、金融機関などから見た信用度は0になります。

 

信用度が0になる事により、キャッシングやローンなどの審査で
無条件に審査落ちとなってしまいます。

 

こういった事は、債務整理のデメリットと言えますが
他にもデメリットはあります。

 

借金問題解決の為の手続きを行なうと、官報と言う国が発刊する機関紙に
住所や氏名、どの債務整理の手続きを行ったかと言う情報が掲載されてしまいます。

 

官報への掲載は大きなデメリットと言えますが、避けられる事ではなく
手続きにもよりますが、2回~3回は官報へ掲載されてしまいます。

 

官報は一般の愛読者はほとんどいませんが、中には仕事の都合で
毎日チェックしている方もいます。

 

債務整理の中で唯一、官報に掲載されない手続きと言えば任意整理です。

 

住所や氏名などが掲載されることに抵抗感を覚える方は非常に多く
官報に掲載されたくないが為に、任意整理を選択して手続きを行なう方も非常に多いのです。

 

任意整理は、官報に掲載されないだけでなく裁判所での手続きも必要なく
債権者と債務者だけで、借金問題解決のための交渉を行なう事が出来ます。

 

任意整理は、官報への掲載と言うデメリットもないですし、最も始めやすい債務整理の方法と言えます。

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介