【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

個人再生後のクレジットカードについて-個人再生ガイド-

自己破産はそれまでの借金の支払い義務が無くなり、借金問題を大きく解決できる債務整理という事は、多くの方がご存じでしょう。
しかし自己破産をした場合、20万円以上の現金や財産、それに土地や家などは全て返済に充てる為、手放さなくてはいけません。

 

ですのでマイホームを持っている方は、自己破産に抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか?
借金の問題を解決したいけれど、家はそのまま残したいという場合、個人再生という債務整理がお勧めです。
個人再生は住宅ローンを除いた借金を整理できるので、自己破産のように家を差し押さえられる事もありません。
ですので個人再生は持ち家を持っている方に、メリットの多い債務整理と言われています。

 

しかし、個人再生はメリットばかりではありません。
個人再生にはデメリットもあるので、その点は注意する必要があります。
個人再生のデメリットとして挙げられるのが、クレジットカードを持てなくなるという点です。

 

個人再生など債務整理を行ったら、必ず信用情報機関へその情報が登録されます。
信用情報機関に記載された情報が、俗に言われるブラックリストというもので、この信用情報機関に個人再生をしたという情報が
載ってしまうと信用性が無くなり、クレジットカードを持つ事ができなくなるのです。

 

クレジットカードだけでなく、個人再生を行ったらローンも組めなくなるので注意しましょう。
しかし、一生クレジットカードを作れないという訳ではなく、個人再生の場合5年ほどしたら作れるようになるケースが多いようです。

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介