【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

個人再生から自己破産するケース※債務整理の賢い選び方ガイド

借金の問題を解決する為に個人再生を行ったけれど、最終的には自己破産をしなくてはいけなくなったという、ケースもあるようです。

 

個人再生はあまり聞きなれない言葉ですが、2001年から制度がスタートした、比較的新しい債務整理です。
自己破産の場合、マイホームがあると借金の返済に充てる為、手放さなくてはいけませんが、個人再生の場合は住宅ローンを除いた借金を整理できるので、
持ち家を手放す事なく債務整理を行える点が、メリットと言われています。

 

しかし、結局自己破産をする事になってしまうと、持ち家は手放す必要が出てきてしまいます。
個人再生から自己破産に至るケースとして、まず挙げられるのが3年間で借金を、返済できなかったというものです。
自己破産の場合、免責が下りればそれまでの借金が全てゼロになり、支払い義務も無くなります。
一方、個人再生の場合は元本を大幅に減らせても、借金がゼロになるという事はなく、残った借金を3年間で全て支払わなければならないのです。

 

ですので、個人再生を行った3年後までに、借金の返済が終わらなかった場合、自己破産で借金を整理する方もいるのです。

 

負債を圧縮しても3年で返済できないという場合は、自己破産を選ぶ必要があると言えるでしょう。

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介