【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

銀行口座・預金の差し押さえはどう対処したらいい?※解決方法は?

銀行口座・預金が差し押さえられるケースについて

銀行口座が差し押さえられるケースは主に二通りです。

 

銀行口座・預金が差し押さえられるケース①
税金の滞納

税金の督促を無視し続けているとある日突然差し押さえの通知が送られてきます。税金の滞納による差し押さえは、督促を無視すれば一定期間後に必ず行われるのではなく、税務署の判断でまとめて行われます。よって、無視をしても痛くも痒くもないと高を括っている人が多く、ある日突然預金が差し押さえられて青くなるというケースが多いです。税金の督促が来た場合、もし払えないのなら市役所に必ず相談に行きましょう。話し合いの最中にいきなり差し押さえられることはまずないからです。逆に無視をしているといつ差し押さえがきてもおかしくありません。

 

銀行口座・預金が差し押さえられるケース②
債権の回収が行われた場合

こちらは債権者が裁判所に支払督促の申し立てを行い、それが認められれば強制執行(差し押さえ)が行われます。この場合は、必ずあなたのもとに支払督促が裁判所から来るので、裁判所に出向いて弁明を行いましょう。

 

弁明を行う理由は現在支払うお金がない、というもので十分です。
その後は債権者との話し合いになります。

 

こちらも支払督促を無視すると容赦なく銀行口座の差し押さえが来ますので、くれぐれも無視することのないようにしましょう。

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介