【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

個人再生法とは?※初心者でもわかる個人再生

「個人再生法」は債務整理のひとつで、債務整理には他に「任意整理」「自己破産」「特定調停」があります。
その中の個人再生法は、はじめに債務を原則として5分の1ほどに減額し、その減額された額を3年から5年で払っていきます。
基本は3年で支払いますが、特別な事情がある場合には5年での支払いになります。

 

再生計画を地方裁判所に申し立て、そこで承認されれば支払いが始まります。
個人再生法には「小規模個人再生」と「給与所得者再生」があり、それぞれに申し立てが可能な要件に違いがあります。

 

メリットとしては一定の条件をクリアできれば、「住宅資金貸付債権に関する特則」によって持ち家を手放すことなく債務の整理が可能です。
将来にわたって継続した収入が見込める人や借金の総額が5000万円以下の人が利用することができます。

 

個人再生法のデメリットとしては5年から7年は新たな借り入れやカードを作ることはできなくなります。
また裁判所を通しますので官報に名前や住所が載ることになります。

 

債務整理の中では任意整理と自己破産の中間のような位置づけになります。
任意整理では支払っていくことはできないが、自己破産は避けたいという場合に多く選択されます。

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介