【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

特定調停のメリットについて

特定調停は債務者の申立によって簡易裁判所が調停人を立て、調停人が債権者と債務者の仲介に入る事で、膨らんだ利息や多重債務を圧縮する方法です。
自己破産のように支払不能ではないけれど、今後も収入見込みがあり、月々の分割払いなら減額された負債額を弁済可能な人に対してのみ適用可能な再生手続です。
まだ平成12年2月から施行されたばかりで、最近になって周知されてきた比較的新しい債務整理の方法になります。
特定調停によく似ている制度が裁判所を介す必要がない任意整理で、任意整理と同じくベースは、払い過ぎた利息を利息制限法に引き直した後の債務元本を3年以内に返済していく流れになります。
特定調停をするメリットとしては、まず1つに法律に関する特別知識がなくても個人で裁判所に申し立てることが可能であり、必ずしも弁護士・司法書士に依頼する必要がない事です。
できるだけ弁護士費用や相談料の支払を節約したい人や、費用面で心配な人でも、割合にリーズナブルなコストで簡易申立ができます。
また特定調停は1ヶ月に1回程度、簡易裁判所に出向く必要はありますが、交渉の代理人を調停委員が担ってくれるので、全て自分で交渉をこなす労力が省かれます。
更に特定調停は、他の自己破産や個人再生のように問題解決に掛かる時間が長くならず、尚且つ取立てや差し押さえも止められるので、心身共に解放されるまでが早いでしょう。
このように特定調停は、他の債務整理と比較しても心身の負担が少なく、平日に裁判所で手続き可能な人にはお勧めの整理手段です。
ですから債権者と無事和解して、調停調書が作成された後は、必ず期日通りに返済を滞ることなく進めていきましょう。

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介