【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

任意整理をする前に・・・

詳しい任意整理解説サイト!

 

ほんとうに任意整理が最適ですか?

任意整理をした人で、その後に個人再生や自己破産をする人が少なくありません。

 

これはなぜかというと、任意整理が最適な手段ではなかったから=選択ミスといえます。

 

また債務整理をすることになると、時間や費用が無駄になります。

 

債務整理は自己破産・個人再生・任意整理・特定調停という4つの方法があり、それぞれメリットやデメリットがありますが、手続きにも違いがあります。

 

本人の債務や収入の状況で利用できる債務整理方法が変わってくるので、自分の状況に合った方法を見つけましょう。

どの手段がいいのかわからない…

そんな方は、シュミレーションを試すことをオススメします!

5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

《匿名・無料》診断ツールを試す


 

早期解決のために

無料相談=損はしない!
利用してみる=知識を増やす

賢い債務整理の第一歩!→無料相談する

 

詳しい弁護士事務所の選び方はこちら

任意整理のデメリット ※債務整理の賢い選び方ガイド

任意整理をすることで借金の額を圧縮することができますが、それに付随する形でデメリットも生じます。一番影響があるのはいわゆるブラックリストに載ることです。ブラックリストとは信用会社における信用情報に登録されることを意味しており、これに登録されると数年間ローンが組めなかったり新たな借入を断られる可能性があります。特にマイホームをこれから購入しようとしている人にとっては、少なからず影響が出ることになります。
もちろん一旦この信用情報に登録されたからといってそれが一生続くわけではなく、5年を目安に登録情報は削除されます。その間はクレジットカードの新規作成や使用も制限される可能性がありますが、そればかりはどうしようもありません。
他にも任意整理はあくまでも債権者との話し合いなので、相手方が和解に応じない場合も解決することができません。話し合いに応じるか応じないかは相手方次第であり、応じなくてももちろん相手方には何のペナルティもありません。そのため任意整理で結果を残すか残さないかは、債務者が依頼する代理人の力量にかかっていると言ってよいでしょう。ですから任意整理を依頼する代理人の選定は慎重に行う必要があります。

 

任意整理のメリット、デメリットについて

債務整理の中でも、特に債権者との話し合いが必要になる任意整理では、当然ですがメリットもデメリットも存在します。

 

メリットはいくつかありますが、1つは借金の種類を選べるという点でしょう。
裁判所を利用する個人再生や自己破産では、債権者を平等に扱う制度上、例えば人間関係を考えて特定の人は対象とせず全額を返済するような事ができません。
しかし、任意整理はあくまでも債権者の任意によって行われる私的な債務整理であるため、そういった制約が無いのです。

 

また、裁判所手続きは煩雑で時間も掛かり、多くの人にとってとても負担になります。
その点、任意整理は弁護士や司法書士へ依頼すれば、交渉は自分で行わないので日常の生活への影響度が少ないと言えます。

 

デメリットについては、任意整理が借金の元本ではなく利息を対象としている点です。
メリットがある分だけデメリットがあるように、任意整理では借金を帳消しにしてしまうような劇的な結果になることは少なく、払い過ぎている利息があれば元本と相殺し、将来の利息については免除してもらうことを目標とします。

 

従って、全く支払い能力がない人が任意整理をしようと思っても、債権者にしてみれば元本の回収もできないことは明らかなので、応じてもらえない可能性が高くなります。

任意整理のデメリット ※債務整理の賢い選び方ガイド記事一覧

任意整理の手続きの流れとその期間《借金を賢く解決!》

借金の悩みを少しでも解消したい。その際の一つの方法として任意整理があります。ここではその流れと期間について紹介しましょう。まずは弁護士に相談すると言うところから始まります。現在ある借り入れの状況を業者の最近届いた請求書などと、ご自身の収入の状況が分かるものなどと合わせて持参すると良いでしょう。任意整...

≫続きを読む

任意整理をするとクレジットカードは作れないの?※必読!

債務整理を検討している方は、多いのではないでしょうか。それが自己破産なのか任意整理なのかは人によって違うと思いますが、それぞれの特徴について知っておくことはきっと役に立つはずです。そこで、任意整理を行う場合には、クレジットカードがどうなるのか。また新しく作ることができるのか、紹介したいと思います。任...

≫続きを読む

任意整理の対象※住宅・車のローンは?【初心者向け解説サイト】

任意整理の対象になると思われていますが、住宅ローンは対象になりません住宅を失っているわけではありませんので、その家に住むのであれば払い続けなければいけないお金です任意整理を行うのであれば、他の借金を減らす方法を考えましょうどうしても住宅ローンの返済を減額したいと考えているのであれば、任意整理ではなく...

≫続きを読む

任意整理完済後の生活について-まるわかり解説-

任意整理をすると、3年から5年程度の期間で少しずつ残債を返済していく計画をたて、返済計画に沿って少しずつ返済していくことになります。基本的に任意整理では、債権者と合意した後の利息は支払わないのが通常ですから、利息によって元本がほとんど減らないような苦しい返済を続ける必要が無くなります。多重債務に陥る...

≫続きを読む

任意整理その後の生活について※知っておきたい事まとめ

債務整理を行おうと考えている人の中には、家族や会社の人に知られてしまうのではないかと心配されている人もいるかと思います。ですがそうした近しい人に知られる可能性はほぼありませんし、自分から言わない限り大丈夫ですから安心してください。特に債権者と話し合いで債務を減額する任意整理に関しては、そうした心配は...

≫続きを読む

任意整理をすると官報に載る?-任意整理ガイド-

債務整理を行なう事によって、金融機関などから見た信用度は0になります。信用度が0になる事により、キャッシングやローンなどの審査で無条件に審査落ちとなってしまいます。こういった事は、債務整理のデメリットと言えますが他にもデメリットはあります。借金問題解決の為の手続きを行なうと、官報と言う国が発刊する機...

≫続きを読む

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介