【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

任意整理をするとクレジットカードは作れないの?※必読!

債務整理を検討している方は、多いのではないでしょうか。それが自己破産なのか任意整理なのかは人によって違うと思いますが、それぞれの特徴について知っておくことはきっと役に立つはずです。そこで、任意整理を行う場合には、クレジットカードがどうなるのか。また新しく作ることができるのか、紹介したいと思います。

 

任意整理を行うことによって、個人信用情報に記録が残ることになります。これはクレジットカードを作成するときの参考にされるので、この記録が削除されるまではクレジットカードを作ることが出来ないかもしれません。しかし、任意整理は債務整理の中でも比較的クレジットカードを作ることができる可能性のあるもので、試しに申請してみたら通った、なんてこともありえるかもしれません。
では、どのくらいの期間でこの記録が消えるのかというと、大体7年間と言われています。つまり、その期間中はクレジットカード作成で苦労するかもしれません。
しかし、同じ債務整理でも自己破産の場合は、かなり厳しいと言わざるを得ません。その点任意整理はクレジットカードを作ることができる可能性があるものなので、まだ希望があると言っても良いのではないでしょうか。

 

 

 

任意整理は自己破産とは違い、整理したい借金を債務者自らが選択する事が出来ます。

 

債務者自らが選択する事が出来るので、自己破産のように多くのデメリットを被る事はありません。

 

しかし、デメリットがないと言うわけではないのです。

 

任意整理の手続きを始めようと思った時に、整理したい借金の返済を遅らせている場合
遅延となり、信用情報機関に何らかの形で事故情報が登録されているケースが多いのです。

 

事故情報が登録されてしまうと、新規借入やクレジットカードなどを利用する事が出来なくなってしまう事が多いのです。

 

任意整理後は、クレジットカードなどを一切利用する事が出来なくなると考えている方も多いのですが
クレジットカードの利用分をきちんと返済しており、遅延していない場合はクレジットカードが使えなくなる事はありません。

 

クレジットカードを使えなくなってしまうケースは、クレジットカードで利用した分の残高を減らすために
任意整理を行なった場合です。

 

任意整理は、あらゆる債務整理の中で最も制限が少ない借金問題解決方法であります。

 

任意整理の結果は、交渉を行なう者の交渉術に掛かっています。

 

債務者自らが、交渉に挑もうものなら相手にされない事も多いので法律の専門家の手助けが必要です。

任意整理のブラックリスト期間について

皆さんは任意整理を経験された事はありますか?経験された方はどういったものか詳しくご存知でしょうが、任意整理は債務整理の中の1つで、色んなメリットとデメリットがあります。それは他の債務整理においても同様であります。そのデメリットの1つとして、任意整理を行ったことで信用情報機関のブラックリストに載ってしまうという事があります。
 つまり皆さん耳にされた事のある方も多いと思いますが、CICやJICCなどの事を指します。これは任意整理に限定して発生するデメリットではありませんが、任意整理後の事を考えれば、少し痛いデメリットの1つです。
 ではそのブラックリストですが、任意整理を行ってしまえばもう永久的に私はブラックリストに載ってしまったままなのかと、不安をお感じの方もいらっしゃるでしょう。しかしご安心ください。永久ではありません。
 任意整理を行った場合のブラックリストへの掲載期間というのは大体5年です。5年より多くかかる事もあれば、5年より短く済む場合もあります。これは必ず覚えておいて下さい。今現在お金に余裕のある方も将来経験されるかもしれません。
 これを知らないままあっちこっちに新たにクレジットカードを発行しようと申し込まれても、無駄足におわる可能性大です。

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介