【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

任意整理の流れとその期間について《借金を賢く解決!》

借金の悩みを少しでも解消したい。その際の一つの方法として任意整理があります。
ここではその流れと期間について紹介しましょう。
まずは弁護士に相談すると言うところから始まります。
現在ある借り入れの状況を業者の最近届いた請求書などと、ご自身の収入の状況が分かるものなどと合わせて持参すると良いでしょう。
任意整理できるかどうかを判断し、その後は弁護士と金融機関の話し合いがスタートします。
この時点で取り立てはストップとなりますので、しつこい請求に悩むこともなくなるでしょう。
またこの時、利息制限法に基づいて払いすぎている額を元本に割り当てるなどの作業を行い、
以後の利息もカットすることで支払額が軽減されることもあるでしょう。
そして計算しなおした残債をあなたの収入から無理のない範囲で3年~5年で完済を目指します。
もし、金融機関により過払い金がある場合は返還交渉を弁護士が行ってくれることもあるので心強いところです。
あとはじっくりと無理なく返済をしていくだけで、面倒な手続きは必要ありません。
このように、3年から5年定期的な収入があれば任意整理が最も負担の無い方法であります。
もちろんアルバイトやパートでも問題ありませんので、一度弁護士に相談してみることで突破口を見出せることでしょう。

任意整理の手続きの流れ

債務整理の方法の一つとして任意整理があります。任意整理は他の債務整理と違い、裁判所を通さないで債務を整理する方法です。
つまり、債権者と直接交渉するのです。そして、元本の減額や利息分の放棄など、借金の減額を要請していきます。
この任意整理ですが、ひとつポイントがあります。それは過払い金の有無です。
過払い金が発生していた場合、過剰にお金を返済していた事になりますから、その分を返済にあてる事が出来るのです。
借金が大幅に減額する事もありえますし、借金より過払い金が多い場合にはお金が返ってくる事になります。
ですから、任意整理の第一歩は過去の取引明細を債権者から取り寄せる事になります。
そして送られた明細を計算し直して、そこで過払い金が発生していたら、その分の返還を要請していくのです。
もちろん、債権者は素直に返還に応じてくれるとは限りません。返還するにしても減額を逆に要請してくる場合もあります。
中には取引明細の送付すら、なかなか応じない債権者もいます。
いずれにしても、任意整理を行うのなら弁護士や司法書士に相談するのがベストです。
依頼した時点で債権者の取立てが止まります。
相手はいわばプロです。こちらも法律のプロを立てて交渉に臨みましょう。

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介