【旧】債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

債務整理完済後の生活とは?※債務整理をする前に必読

過払い金が発生しているときは回収するといったことができますから、長い間返済を続けていた方などは借金がなくなってくるような状況があります。そしてデメリットが多いような自己破産でも返せないような借金に悩むようなことよりもましでしょう。たとえば職を失っているときに借金を抱えているような状況は、生きていくのも難しいといったことがありますが、債務整理はそうした方たちをうまく救済するための制度でもあります。そして自分ではどうすることができないようなことがあれば専門家に相談をして見るといったことが大事です。そして債務整理といった言葉は重く感じることがありますが、新しく未来の第一歩になってくるでしょう。そして、債務整理をした後に無事借金も完済したら、再びローンを組み込むことはできるのかといったことがありますが。とくにこれから住宅を買ったり、子育てをするような方は心配です。そしてローンの審査の仕組みから説明するとローンの申し込みがあれば業者は信用情報機関といったところに紹介するのです。そして、過去の返済履歴や借入履歴が掲載されていますが、その上で収入の状況などを加味したうえで審査をするのです。これからも大事です。

債務整理をする前に…

あなたにはどの手段が最適?
まずはシュミレーションを試すことをオススメします!
5つの質問に答えるだけで、簡単に、あなたに合った債務整理方法がわかります!

⇒《匿名・無料》診断ツールを試す


弁護士事務所を選ぶポイント

無料相談ができる
まずは無料相談を利用してみましょう。
プロの知識を借りて、解決策を考える事ができます。

経験と実績が充分にある事務所
充分な経験と実績を持っている、借金問題に特化したプロの弁護士を選びましょう。

費用と支払い方法
チェックしてほしい事
初期費用はいくらかかるか?
着手金が掛からない=初期費用0円の事務所がおすすめです。
後払い・分割払いはできるか?
後払いができて、その費用を分割払い出来る事務所を選びましょう。

たとえばどんな所?
借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所の紹介
債務整理を行った後に、新たなローンを組むのはかなり困難です。銀行などは信用情報機関を通じてあなたの信用履歴を参照しており、事故情報の記載があるとほとんどの場合でローンの申請は却下されてしまいます。だいたい5年~10年間は信用履歴の情報は保持されるため、この間はほぼ一切のローンを組むことができないというわけです。 ただし、何事にも例外はあり、債務整理を行った直後はともかく、3年後に住宅ローンを組むことができたという事例も存在します。これはいったいなぜでしょうか。 実は債務整理のうち、裁判所を通さない任意整理を行って、かつ過払い金の同時請求などで一括返済を行えた場合、信用情報機関には事故情報は残らないのです。任意整理を終えた時点で債務を完済できたのであれば、借金は残っていないわけですから、わざわざ借金がない人を要注意として記録しておく必要はないということです。 ただ、直接借り入れを行っていた相手方の銀行などは任意整理を行ったことを知っていますので、そこでローンを組むというのはしばらくの間は難しいかもしれません。他の信用情報の場合もそうですが、信用情報機関の記録から情報が抹消された場合においても、金融機関は情報を保持し続ける場合が多いからです。